カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

術後55日目(4回目の診察/TFCC損傷)

 

盛岡天気いいわ〜


毎週、火曜日は手の外科専門医の外来診察日

 

待合室には、肘から手指までの怪我や病気の患者混んでます。


診察後は、リハビリです。


頑張ろう!

 


リハビリ開始!(TFCC損傷)

 

盛岡は雨降りです。

 

東の風がちょっと強く吹いてます。

 

今日から本格的にリハビリ開始となりました。

 

 

 

指が硬くて曲がらず、グーパーできず

 

手首は動きません・・・・・

 

無理に外圧かけると激痛です・・・・

 

指が硬くてかなり悪いから2回は足りないから

 

週に3回と言われてます。

 

通うのが大変ですが、指手首が元のように戻る為にも

 

リハビリ頑張ります。

 

 


術後48日目(3回目の診察/TFCC損傷)

 

今日は診察予約日です。

 

盛岡天気いいわ〜

 

ぽかぽか陽気です。

 

オーダーメイドした装具が出来上がり、今日装着します。

 

どんな装具なのか楽しみです。

 

そして、リハビリも始まります。

 

頑張ろう!


術後41日目・骨癒合してきて(TFCC損傷・尺骨短縮術)

 

手術から1ヶ月11日、2回目の診察。

 

レントゲン撮ってから待って呼ばれて診察へ。

 

先生「調子はいかがですか?」

 

自分「今月に入ってから和らいで痛みも少なくなり

         浮腫みもひいてきました」

 

先生「そうですか。固定取りましょう。」

 

やっとシーネ固定を取ることになりました。

 

先生「骨具合いいですよ〜」

 

えっ??

 

 

骨切り短くした箇所です。

 

斜めに骨切り短くカットしての、

 

骨と骨との切断面繋ぎは狂いもなく綺麗でビックリでした。

 

流石、手の外科専門名医です。

 

 

 

先生「ここ塞がってきているのは骨ができてきていますよ。

   3分の2までできてきてます。順調ですね」

 

自分「1ヶ月ちょっとで骨が繋がってくるのってどうなんですか?」

 

先生「かなり早い方ですよ。超音波してたのもあるかと」

 

通常より骨癒合が進んでいてうれしかったです。

 

先生も、ニコニコでした😊

 

手の動きを見て触ってもらいましたらば

 

グーパーがまったくできず硬くて指が動かず

 

手の甲から覆いかぶせて外圧されたらかなり痛く指動かず

 

すっかり硬くなってました。

 

親指と各指先をくっつけることもできず・・

 

動かすと少しは動くけどそれ以降は動かず。

 

痛くても左手で触って外圧して指動かして

 

柔らかくしていたらばと後悔・・・・

 

 

かなり手指が悪いとの診断で早期にリハビリとなりました。

 

週に2回・3回リハビリに来れますかとのことで・・・

 

リハビリ大変そう・・・・・

 

生活では装具を使用することになり、型を取って作りに。

 

 

来週にはできるそうなので、また診察です。

 


術後2回目の診察で


今日は、前回の診察(抜糸して)から28日ぶりの2回目の診察日です。


盛岡天気いいわ。



レントゲン撮って診察待ちです。


骨切りの箇所どうなっているのかな。


1ヶ月ちょっとでは、まだまだだと思うけどシーネ固定だけは取れるかな。


なんだか色々と緊張します。




超音波骨折治療を(術後39日目)

 

雨降りの一日です。

 

術後から39日経ち、療養中でございます。

 

さて、術後2週間で抜糸をし超音波骨折治療に入りまして

 

本日で、26日目です。

 

診察後、業者さんから説明され超音波治療器

 

セーフスをレンタルしました。

 

 

箱を開けると黒いケース。

 

 

 

チャックを開けるとセットで入ってます

 

 

 

ジェルとセーフスとベルトを取り出してと

 

セーフスのコード先の黒い超音波トランスデューサーの底部分に

 

専用のジェルをワンプッシュします。

 

 

シーネ固定を外して

 

 

ベルト固定したキャップ穴が骨切りをした

 

箇所のマークに合うようにして

 

超音波トランスデューサーをキャップ内に入れて

 

蓋をして紫のボタンを押してスタート

 

1日1回20分超音波をします。

 

超音波(低出力(30mW)を1秒間に1000回

 

パルス状にして照射してます。

 

電気のような痺れはなく、特になにも感じません。

 

毎日超音波をすることで、

 

骨折の治療期間を通常より3〜4割早めるそうです。

 

骨と骨を繋いだ隙間が早く癒合してほしいです。

 


抜糸後の手首(TFCC損傷・尺骨短縮術)

外は西風が強く肌寒い朝でした。

 

そろそろ時期なのかなと思い海にも変化でてきそうです。

 

さて、本日も療養です。

 

ここ数日、痛みが和らいでいます。

 

良くなってきたのか、一時的なのか・・・・・

 

良いと思うと痛くなったりしそうなので

 

あまり考えないようにし過ごします。

 

そう、抜糸後の傷口ですが次第に良くなってきています。

 

傷口だけはいい方向に!

 

骨切り箇所はその通りですが・・・・・

 

自分の場合の傷口はこんなんです!

 

グロイかもしれませんが、

 

見たくない方は目を閉じてスクロールしてくださいね

 

 

 

      3・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

   2・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

1・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

ハイ!

 

 

 

 

 

 

 

傷口長さは、約6cmです。

 

中は、骨切り短くしてプレートボルト固定になってます。

 

上の小さなポツポツの二ヶ所(一つはぎりぎり写ってない)は

 

TFCC損傷での手関節内視鏡入れたとこです。

 

マジックで大きく黒マル書いている個所は骨切りした箇所で

 

ここに超音波を当てるマークになってます。
 

 

 

尺骨突起形状のとこら辺下の(骨がぼこっとでている)

 

骨頭の方の下骨端斜めに骨切りしてます。

 

一般的な骨幹の骨切りとは自分の場合は違いますので

 

同じ手術をした方には、びっくりされます。

 

リハビリ大変そうです・・・・

 

プレートは下記のが入ってます。

 

アキュロックプレート 尺骨遠位端掌用 スタンダード右

 

リハビリしても手首の回内・回外が

 

できるようになるか不安でいますが

 

ま、なんとかなるでしょ! できるようになるさ。

 

頑張ろう!

 

ポジティブに考え生活していこうと思います。

 

 


術後31日(TFCC損傷・尺骨短縮術)

 

術後一ヶ月が経ちました。

 

日が経てば良くなると思っていましたが、

 

なんだか、入院中より痛みが強くて辛いです。

 

先週の連休から数日間だけは痛み弱く

 

浮腫みもそんなに無かったんですが

 

今週に入ってから昨日まで、また痛み強くズキズキからギリギリ、

 

熱いジンジンした痛みが強くて鎮痛剤も効かず・・・・

 

骨切りはこんなに痛いとは・・・・

 

骨幹部の箇所を骨切ではなく

 

骨頭の方の骨端を斜めに骨切りで特殊なので

 

骨頭付近はシーネでも手指動かし手首もちょこっと動きますので、

 

骨幹部より敏感なのかなと。

 

ぼこっと骨が突起している骨頭から下プレート入っているので

 

これだと、リハビリも一筋縄に行かないんじゃないかと思っています。

 

回内・回外できるかな・・ 

 

最初は激痛なのかと不安です・・・・

 

 

指の血色も悪く浮腫んでますが、

 

昨日までよりは良くはなりました。

 

二回目の診察まであと10日です。

 

シーネ固定取る予定ですが大丈夫かな・・・・

 


術後26日(TFCC損傷・尺骨短縮術)

 

術後26日目。痛みもやわらいできました。

 

動かさないでいれば痛くはないですが

 

ほんの少し動かすと骨切り箇所がズキズキ

 

針を刺すような痛みが襲います。

 

立ったり座ったり体に力を入れると痛みます。

 

日数が薬ですので、気長に療養ですね。

 

 


今日は秋晴れなので、ベランダで日光浴をしました。


気持ちが良かったです。

 

 

 

 

前よりは指が動くようになりましたよ。


まだ浮腫んでます。


指関節が固くなっていて、真っ直ぐには伸びず、

 

グー握りも途中までしかならず

 

手首を軽く内側に曲げようとすると激痛です。


次の診察まであと2週間です。

 

シーネ固定も取れる予定なので、待ち遠しいです。

 

明日の朝は気温が下がって寒い予報です。

 

朝と日昼との寒暖差には注意し体調管理に気をつけましょう。

 

プレートが入っていると寒さ冷たさで痛むと聞いているので

 

秋〜冬〜春まで手首をどのように対策していくか

 

考えていこうと思います。


TFCC損傷・尺骨短縮術(術後13日初診察で抜糸)

〜9月15日〜

 

今日は、術後から約2週間ぶりの初診察日でした。

 

盛岡はいい天気です。

 

整形外科外来診察は、新しい方ではなく内丸の方なのでこちらに。

 

整形外科外来専門と言った方がいいのかな。

 

入口で検温され、オッケーで院内へ。

 

診察や検査患者で混んでました。

 

しばし待ちしていると呼ばれました。

 

先にレントゲン撮ってきてください

 

と、言われレントゲン室へ。

 

術後、初めて包帯とシーネを取りましたらば

 

皮膚がおじいちゃんのように、しわしわよぼよぼで

 

手首は生まれたての小鹿のようにぷるぷる震えて不安定。

 

今にももげそうな感覚でした・・・・・・

 

台に乗せて内側に反らそうとしたらば大激痛!

 

まったく手首が曲がらず固くなって動かず

 

そして激痛で変な汗と意識が・・・・

 

どうにかこうにか体も反らしてとレントゲンも終わりました。

 

その後、歩いて待合室へ。しばし待って、呼ばれたので診察室に

 

 

先生「その後どうですか〜」

 

自分「退院後、痛みで辛かったです。

         入院している時の方が痛くなかったです」

 

 

先生「そうですか。今日は抜糸をしますね』

 

ベッドに横になり、抜糸をしました。

 

痛いと聞いていたので嫌だなと思ってましたが

 

あれ?痛くないぞ。

 

ちょこっと魚の骨が喉に刺さって触る程度の似た感覚でした。

 

痛くなかったので安心しました。

 

傷口消毒されシーネ固定して包帯グルグル。

 

固定は、三週間〜四週間するそうです。

 

水に濡らしたりシャワーも風呂もオッケーだそうで、

 

こすってもいいって。

 

でも、手首が不安定で触っても激痛なので、

 

もうちょっとしてからにしようかな。

 

シーネ包帯取ったらば、ウェットティッシュ拭くくらいでまだいいや

 

 

2週間ぶりの尺骨レントゲンです。

 

太い橈骨より尺骨が骨切短くなって

 

プレートボルト固定になってます。

 

尺骨突き上げ症候群は、短縮骨切り術で短くなり

 

TFCC箇所が広くなり、

 

これで突き上げ圧での痛み再損傷リスクもなくなるようです。

 

自分のプレートが、みなさん(短縮骨切りした)のとは違ってて

 

色々なプレートもあるんだなと思いました。

 

 

      (術前)                (術後)

 

術後、尺骨短くなっているの分かるかと思います。

 

斜めに骨切り(黄色い線)

 

術前は、3mm短くすると言われましたが

 

術後に何ミリに切ったのか忘れてて聞いてなかったわ。

 

でも、突き上げ解消され良かったです。

 

橈骨と尺骨の間の尺骨の端の尖った骨棘も削ってました。

 

骨棘が当たって痛みでてるから削ると昨年末に言われてました。

 

 

 

次回の診察は、約一ヶ月後の診察になりました。

 

 

先生「痛くしないように気をつけて生活してくださいね」

 

ぶつけたり、手をついたりしないように気をつけようっと。

 

そして、本日から超音波骨折治療が始まりました。

 

術前から超音波治療希望してました。

 

入院中、初診察時に傷口が塞がっていなかったらば難しいことを

 

言ってましたが、準備はしておくことになってました。

 

業者さんも待っていて、超音波骨折治療器の使い方を説明され

 

治療器はレンタルで、家で一日20分やってくださいとのこでした。

 

骨が早く癒合すればいいなぁ。

 


| 1/2PAGES | >>