カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群で手術へ

先月(3月17日)に手首診察で手術することになりました。

 

昨年の12月に紹介状持って盛岡の病院へ。

 

MRIとレントゲンを撮りまして手首の診察を。

 

MRIでtfccに丸く白いのが映っていまして

(レントゲンでは分からない)

 

 

 

軟骨損傷し水が溜まっていることが分かりました。

(上記の写真はレントゲン)MRIのは別

 

赤い丸の部分が手首小指の下のくるぶし部分にある軟骨です。

 

レントゲンでは映りませんが、ここに軟骨tfccがありまして

 

クッションの役割をしています。この箇所が損傷。

 

軟骨(tfcc)を縫合する手術をした方がいいと言われましたが

 

「あれ?尺骨が長いですね

軟骨を縫合しても尺骨が突き上げてまた損傷します。

尺骨を短くしないとまた同じことになりますから切りましょう」

 

え???? 骨を切るんですか!!

 

ビックリたまげました。そして恐怖が・・・・・

 

 

「手術日を決めていきますか。いつがいいですか?」

 

となりましたが、毛ガニ漁期がとなり

 

漁期に手術は・・・・ 家族とも相談して・・・

 

「じゃぁまた3月に診察して決めましょう、

痛くて我慢できなかったらば即手術ですよ」

 

となりまして、3月の診察日まで手首は安静に

 

仕事は無理せずに、手首は持ちました・・

 

いえ、今年は風吹き荒れで海が時化て漁に出られない日が多く

 

その為、手首安静になったという・・・・

 

 

さて、話はそれますが手首痛いのがいつからかと言いますと、

 

2014年8月でしょうか。

 

そう、ウニ漁です。タモ竿で潮が速いところをずっと採ってました。

 

手首から手が痺れまくって、手首は痛く・・・・

 

そんなこんなで、3年間はウニ漁には行かずタコ漁をしていましたが

 

昨年のウニ漁では3年ぶりに採りに行きましたが、

 

やはり手首が痛くて・・・・・

 

数回もしないうちに、ウニは採ることはぜず沖漁へ。

 

そして、11月からのアワビ漁へ。ここで悲劇が・・・・

 

中指がずっと痺れたまま(手根管症候群だった)で手首も痛く、

 

いつまでたっても治まらずで病院へ。

 

そして年末、紹介状で盛岡の病院へ。

 

手術しましょうになりました。

 

 

996.jpg

 

上記の絵が、正常な手首の方の骨でございます。

 

 

 

通常、橈骨より尺骨は短くて引っ込んでいますが、

 

自分のはと言いますと

 

 

 

 

 

橈骨より尺骨が長くて突き出ています。

 

突き出ることでtfcc部分を押しつぶして損傷

 

月状骨・三角骨、手根骨に影響がでてくるそうで・・・・

 

手根管症候群とtfcc損傷、どちらを先に手術しますか?」

 

と言われ、痺れは前回よりはなくなったのでtfccの方をと言い

 

「それではこちらの方を手術をしましょう」

 

「tfcc損傷ですが、尺骨を切って短くするしかないです。

また損傷しますから切りましょう。いつにしますか?」

 

 

先生・・・ タコ漁期が6月7月8月になるので

 

それが終わってからでもいいですか?

 

 

「heiunさんのご都合でいいですよ。それでは、手術日を決めましょう。」

 

と言われ、色々日を考え漁が切れて獲れなくなるのが9月。

 

9月〜12月は魚が獲れないので通年休み状態なので、

 

この期間にし、9月2日に手術決めました。前日に入院だそうです。

 

8月のお盆過ぎに入院手術の説明で家族同伴診察となりました。

 

尺骨突き上げ症候群・尺骨短縮術を検索してみてください。

 

どんな手術になるかですが、絵で説明します。

 

 

998.jpg

 

尺骨を切ります。

 

 

999.jpg

 

両骨を削って短くします。

 

 

1000.jpg

 

プレートで両骨をくっつけてボルトで固定。

 

 

 

 

尺骨を短くします。

(尺骨短縮術)

 

 

ということで、骨を切断してとなると社会復帰は約3ヶ月。

 

早くて3ヶ月で、人によっては4ヶ月か5ヶ月もかかるそうです。

 

骨がくっついてくるのに人によって違うそうです。

 

重労働での重い物を持つのは

 

3ヶ月後でも控えてくださいとのことでした。

 

折れる可能性もあるそうで・・・・

 

とりあえずは、3ヶ月が目安だそうです。

 

そんなこんなで、9月以降はしばらく仕事は休業でございます。

 

 

手術後、復帰までリハビリも頑張ろう!

 

 

 


コメント
な、なんと! 大変な事ですね〜
ご無理をされたせいなのか、顔からだの側のご事情なのか・・・いずれにしても、術後の安静期間の長いのが困りものですね、、、とは言え、手術で治る(改善される?)なら、色々と段取りなさって、頑張るしかないですね!
今は医学も進んでいますから、キットうまくいくことでしょう!!
  • 森のどんぐり屋
  • 2020/04/08 11:13 AM
お大事に。私は杖無しで歩き始めていますが、直ぐに重い物を持って歩いた為かひどく膝が痛んでいます。無理は禁物と判ってはいても・・ねぇ。でも、足(スネ)より手の方が治りが早いそうですから。手術、心配でしょうがこのまま痛むよりは決断されて正解だと納得するしかないですね。
  • paraiso
  • 2020/04/08 12:04 PM
同じく去年9月に 盛岡医大で

左手首TFCC骨切 短縮をしたものです。

私は断裂しかけで、水は溜まってませんでした。

仕事は林業のチェーンソー担当。

突然手首から先が離れたような感覚と痛みで

ストップしました。

おそらく担当医師は同じ先生だと思います。

経過として現在手術した手首は病院指定の装具屋で

販売しているサポーター装着前提で生活できてます

片方が手術してもその分健全な、

もう片方の手首の負担が増えます。

酷使しないよう注意してリハビリ頑張ってください

尺骨の長さは生まれ持って左右共通だと

いうことですので気を付けてください。

私自身もう片方の手術も視野に入れてます。
  • 同士
  • 2020/04/09 3:11 PM
>>同士さん
初めまして、コメントありがとうございます。
医大で手術をなさったのですね。
チェーンソー仕事は、モロに手首に負担がかかると思います。
手術後、リハビリなど現在の生活では手首の状況はどのような感じでしょうか?
半年後でも痛みありますか。
重い物や仕事は不可でしょうか?
自分も色々と気になって術後も不安でおります。
同士さんの一早くのご回復を祈っております。
今後ともお互いに情報交換できればと思っております。よろしくお願いいたします。


>>paraisoさん
足の方の状態はいかがでしょうか?
まだまだ時間がかかると思いますが、リハビリも頑張って回復を願っております。
コロナでの緊急事態宣言、手術日をもっと早めにしておけばと思っちゃったりもしています。


>>森のどんぐり屋さん
不安なのが術後です。
リハビリもですが、骨がくっつくまでどのくらいかかるのか。
そして、仕事はどのくらいの時にできるのかです。
生活復帰より仕事復帰の方が気になっております。




  • heiun
  • 2020/04/19 10:03 AM
コメントする