カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

TFCC損傷・尺骨短縮術(術後13日初診察で抜糸)

〜9月15日〜

 

今日は、術後から約2週間ぶりの初診察日でした。

 

盛岡はいい天気です。

 

整形外科外来診察は、新しい方ではなく内丸の方なのでこちらに。

 

整形外科外来専門と言った方がいいのかな。

 

入口で検温され、オッケーで院内へ。

 

診察や検査患者で混んでました。

 

しばし待ちしていると呼ばれました。

 

先にレントゲン撮ってきてください

 

と、言われレントゲン室へ。

 

術後、初めて包帯とシーネを取りましたらば

 

皮膚がおじいちゃんのように、しわしわよぼよぼで

 

手首は生まれたての小鹿のようにぷるぷる震えて不安定。

 

今にももげそうな感覚でした・・・・・・

 

台に乗せて内側に反らそうとしたらば大激痛!

 

まったく手首が曲がらず固くなって動かず

 

そして激痛で変な汗と意識が・・・・

 

どうにかこうにか体も反らしてとレントゲンも終わりました。

 

その後、歩いて待合室へ。しばし待って、呼ばれたので診察室に

 

 

先生「その後どうですか〜」

 

自分「退院後、痛みで辛かったです。

         入院している時の方が痛くなかったです」

 

 

先生「そうですか。今日は抜糸をしますね』

 

ベッドに横になり、抜糸をしました。

 

痛いと聞いていたので嫌だなと思ってましたが

 

あれ?痛くないぞ。

 

ちょこっと魚の骨が喉に刺さって触る程度の似た感覚でした。

 

痛くなかったので安心しました。

 

傷口消毒されシーネ固定して包帯グルグル。

 

固定は、三週間〜四週間するそうです。

 

水に濡らしたりシャワーも風呂もオッケーだそうで、

 

こすってもいいって。

 

でも、手首が不安定で触っても激痛なので、

 

もうちょっとしてからにしようかな。

 

シーネ包帯取ったらば、ウェットティッシュ拭くくらいでまだいいや

 

 

2週間ぶりの尺骨レントゲンです。

 

太い橈骨より尺骨が骨切短くなって

 

プレートボルト固定になってます。

 

尺骨突き上げ症候群は、短縮骨切り術で短くなり

 

TFCC箇所が広くなり、

 

これで突き上げ圧での痛み再損傷リスクもなくなるようです。

 

自分のプレートが、みなさん(短縮骨切りした)のとは違ってて

 

色々なプレートもあるんだなと思いました。

 

 

      (術前)                (術後)

 

術後、尺骨短くなっているの分かるかと思います。

 

斜めに骨切り(黄色い線)

 

術前は、3mm短くすると言われましたが

 

術後に何ミリに切ったのか忘れてて聞いてなかったわ。

 

でも、突き上げ解消され良かったです。

 

橈骨と尺骨の間の尺骨の端の尖った骨棘も削ってました。

 

骨棘が当たって痛みでてるから削ると昨年末に言われてました。

 

 

 

次回の診察は、約一ヶ月後の診察になりました。

 

 

先生「痛くしないように気をつけて生活してくださいね」

 

ぶつけたり、手をついたりしないように気をつけようっと。

 

そして、本日から超音波骨折治療が始まりました。

 

術前から超音波治療希望してました。

 

入院中、初診察時に傷口が塞がっていなかったらば難しいことを

 

言ってましたが、準備はしておくことになってました。

 

業者さんも待っていて、超音波骨折治療器の使い方を説明され

 

治療器はレンタルで、家で一日20分やってくださいとのこでした。

 

骨が早く癒合すればいいなぁ。

 


コメント
コメントする