カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

被災地の鍬ヶ崎は

344.jpg

 

本日は休漁です。


三陸沖は西風風速15mです。

 

345.jpg


陸からすぐの海域は山の影の下になるので西風は無風となります。


タコの浜は、こんな感じになります。

 

346.jpg


三陸沖は、水平線の方でして沿岸沿いと海状況と世界がまったく違います。


たぶん、体験するととんでもない所で操業していると思うかも知れませんが、

 

体験しない方がいいと思います。

 

さて、本日は魚市場に行って数日前からの船の水揚げ仕切り書を見てきました。


昨日は、宮古の船は三隻・山田一隻・釜石方面の船一隻の水揚げだけでした。

 

四隻平均的10kg〜30kgのヨゴダ1つの水揚げ。ヨゴダ2つくらいが一隻でした。

 

一昨日は、本船と山田船の2隻だけの水揚げでした。


市場には毛ガニがほとんど水揚げされていない状況です。

 

イサダ漁までの繋ぎにとカゴをする船は切り上げたのもありますが、

 

不漁もあり出る船がかなり少ないです。


まだ道具を入れてない船もあります。

 

そのような状況が続いております。


一隻ヨゴダで1つか2つの漁獲でございます。

 

帰りに浄土ヶ浜方面をぐるっと回り大橋へ。

 

347.jpg

 


被災地の鍬ヶ崎です。


大震災から8年が経とうとしております。


復興も進み、あらかた今年度で終了となりそうです。


家も建ってきましたが、空き地が多いままです。


若い世代ほど戻ってきたがりません。


戻ってきた被災者は年配、ほんの少しでした。

 

家のこのくらいで終わりかもしれません。


来月で8年、命日には黙祷です。


コメント
整地されているところも、もう建たないのですか?
若い人たちは、出て行った先で新しいお仕事に就いて、それなりに安定した生活をされているのでしょうか?
  • 森のどんぐり屋
  • 2019/02/16 5:53 PM
>>森のどんぐり屋さん
また津波が来ることを恐れてもありますが
区画整理されて土地が長方形や狭かったりと
家を建てるのには向かない土地もあります。
若い人は、鍬ヶ先ではない町に移り住んでます。
安定したというか、もう海沿いには住みたくないというのがあると思います。
お年寄りほど、住み慣れた場所に戻ってきます。

  • heiun
  • 2019/02/16 6:09 PM
やっぱりそうなんですね。
それが現実なのでしょう。
住み慣れた場所に戻っても、以前の生活やお友だちは、戻らないのかもと思うと、悲しいです、、、
  • 森のどんぐり屋
  • 2019/02/18 11:02 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック